形態系実験室

室内配置図

形態系実験室には、透過型および走査型電子顕微鏡をはじめ、ミクロトームや光学顕微鏡など、細胞や組織の形態観察に必要な機器が設置されています。

【試料作製機器室】

(1) フリーズエッチング装置:BAL-TEC BAF 060

  1. (2)製氷機:ホシザキ

  2. (3)蛍光顕微鏡:Keyence BZ-8100

(4) 加圧凍結乾燥装置:BAL-TEC HPM 100


【第一透過電顕室】

(5) 透過型電子顕微鏡:日本電子 JEM-1010〈デジタル撮影対応〉

(6) 透過型電子顕微鏡:日本電子 JEM-200CX


【超解像顕微鏡室】

  1. (7)超解像顕微鏡:Nikon N-STORM/C2

  2. (8)第三世代シーケンサー:Pacific Biosciences PacBio RSII

(9) 小動物イメージングシステム:PerkinElmer IVIS Lumina SeriesⅢ

(10) マイクロウェーブアプリケータ:室町機械 MM5


【第三暗室】

(11) 引き伸ばし装置:FUJI Enlarger A690


【ミクロトーム室】

(12) ミクロトーム:Leica Ultracut S

(13) ミクロトーム:Reichert-Jung(Leica) Ultracut Omu4

(14) ミクロトーム:LKB Ultrotome nova

(15) ミクロトーム用ガラスナイフ作製装置:LKB Knifemaker 7800


【多光子励起顕微鏡室】

(16) 多光子励起レーザー顕微鏡:Olympus FVMPE-RS/FV1200MPE


【走査電顕室】

(17) 真空蒸着装置:日立 HUS-5GB
(18) 臨界点乾燥装置:日立 HCP-2

(19) 走査型電子顕微鏡用凍結乾燥装置:真空デバイス VFD-21S

(20) イオンスパッター:日立 E-1020

(21) イオンコーター:Eiko IB-5

(22) オスミウムコーター:メイワフォーシス Neoc-ST

(23) 走査型電子顕微鏡:日立 S-4100〈デジタル撮影対応〉

利用案内

利用時間:

(電子顕微鏡関連) 平日 9:30〜12:00、13:00〜16:30

(その他) 年中無休 ※ 平日8:30〜17:15以外の入室には登録が必要です

機器予約システムから予約してください。

形態系実験室廊下の専用ホワイトボード・電話予約も可能です。

(TEL) 027-220-8092

(FAX) 027-220-8096

※ この他、生体構造学(旧・第一解剖)にある共焦点蛍光顕微鏡(Olympus FV1000)も共同利用機器とし

    て利用できます。

    また、同型の液体窒素製造装置が、基礎棟1F 共通機器室にもあります。

予    約  :

連  絡 先:

  1. 超解像顕微鏡N-STORM/C2の使用にあたっては、リーディンプログラム担当講座以外の方は利用申請が必要です。 

  2. 多光子励起レーザー顕微鏡を使用する場合は利用申請・講習受講が必要です。


申請書は「各種資料」のページからダウンロードできます。

利用申請:

共同利用機器部門について

共同利用機器部門について

お問い合わせ

お問い合わせ

利用案内 (学内専用)

利用案 (学内専用)

共同利用機器部門
機器予約http://rsv.med.gunma-u.ac.jp/
機器分析センター
(桐生地区)機器予約http://rsv.trcia.gunma-u.ac.jp/